女将のおもてなし計画の夢

女将のご挨拶

女将のご挨拶

弁天荘はペットと一緒に泊まれる宿です。
長い間ご支援いただきました。リピーターの皆様のおかげさまで私は20歳からかれこれ40年。変化する時代を歩き続けさせてもらっています。
これも長い月日を越えて、弁天荘を支えてくださるお客様がた皆々様の、ご理解あってのことと、深く感謝いたしております。
今後とも私の生きがいとして、弁天荘の経営維持に努めていく所存でございますのでどうぞ末永くご愛顧くださいますように、伏して御礼とお願い申し上げます。

思えば、昭和時代から個性的な旅館であり続けるため、
「常に身の丈にあった、前向きの努力をしたい」と心がけてまいりました。。
弁天荘はペンションでも、ホテルでもありません。
ぴかぴかの今の時代用に建設した旅館でもありません。
また何百年の歴史を誇る老舗旅館でもありません。
昔話になりますが、昭和の中ごろ、国鉄のキャンペーンが始まリました。
ディスカバーブームの時代の幕開けでした。
山村地帯の農業の発展に見切りをつけた父の応援を背中に、
私は20歳から働きづめで、作り続けてきた普通の和風旅館です。
時代の変化に伴い、幾度となく改装修繕をして現在に至っています。
現在は「ペットが安心して泊まれる宿」として深いご理解を頂戴するようになりました。

事の歴史を紐解きますと、むかし昔、ある日のこと、マルチーズをだっこしたお客様が
「この仔が居るものですから」高山中、宿を探して車で廻りましたが、どこの宿も泊めてもらえませんでした。
どんな小さなお部屋でもよいのです。家族4人と1匹どうか泊めてください。」
泣きそうな顔をして哀願されました。今となっては考えられないような、そんな昔々の時代です。

「犬が居るから断られた」そんな事実に、とても深い憂いを感じた私は、「犬も猫も気持よく、泊まれる宿」を目指して 受け入れの門戸を開きました。昭和の時代のことです。ずいぶん奇人変人扱いされました。
それから日本中にペットブームが巻き起こり、ある意味では、そのブームの犠牲になった犬や猫たちも居ます。
「動物愛護法」という法律が制定され、ペット達はようやく家族の一員として暮らせるようになりました。
月日の流れとともに、ペットは、家族としての地位も定着してきました。

お客様の中には「犬が泊まる宿は格下の宿だ」と誤解される方もありました。
「犬が人と一緒に旅館の廊下を歩いているなんて。そんなことが宿として、許されるのか。」
館内で、引き綱で飼い主さんと一緒に廊下を歩く犬を見かけたというだけで。
心無いお客様の中傷。旅館組合や、保健所に投書されたりもしました。
その反面
「肉もおいしいし、部屋もきれいなんだから、普通の人も泊まれるのに。どうして犬猫旅館なの。」
お客様のお子様に不思議そうに、聞かれたこともあります。

「動物連れのお客様を快く受け入れる、優しい宿」を売りに努力の日々を重ねてきました。
「動物もともに同じ部屋で宿泊する」ということを理解してもらうのに長い年月がかかりました。
犬や猫達は人間との深いかかわりを持って、人々とともに長い歴史を超えてきたのです。

私は生きる力のある人間社会の人間よりも、人間の保護の下でしか生きられない動物達。
人間の保護の元にあるにあるペット達を、心からいつくしんできました。
その存在のために飼い主様がご不自由な思いをなさいませんように。と願っております。
これからも私が生きている限り、犬やねこ達にやさしい宿であり続けたいと思っています。
もみ手ではべりつくような、おもてなしはいたしません。

ただ、どうやったら田舎の自然を季節の折々に、体験していただけるか。
お客様に喜んでいただける、「おもてなしがしたい」ということを、常に考えています。

弁天荘 女将 森 和歌子
おもてなし計画の夢
おもてなし計画の夢

【おもてなし計画その一、】のんびりと飛騨高山の田舎・山間の一軒旅館の気楽さを体験してもらうためのおもてなし

記念写真
お客様と愛犬愛猫が一緒にお泊りいただいた宿泊記念写真を無料でお取りいたします。
年に何回かまとめてプリントいたします。
お写真はお送りすることはできませんが、3年間廊下に展示しておもてなししております。
次回旅館弁天荘においでになったとき、お持ち帰りいただけます。
アルバム保存コーナーには、平成7年度より記念写真を保管しております。
もぎとり農園
旅館弁天荘は、旅館裏のお散歩コースの中に、もぎ取り野菜農園があります。
有機農法で1ヘクタールの「無農薬もぎ取り野菜農園」を栽培しています。
弁天荘にお泊りいただくお客様のために、収穫体験や作付け体験などを楽しんでいただくための広場とお考えください。
1ヘクタールの広い畑は、牧歌的な風景維持と畑の耕作目的は出荷に追われない 「旅館の食材用」とお客様の「ご宿泊御礼のお土産用」です。
夏野菜秋野菜などの収穫体験の喜びを味わいください。
天候に作用されやすい路地もの野菜ですが、畑は農薬散布をしない事が女将のこだわりです。
そして散歩コースも「除草剤散布」をしないことが、弁天荘の愛犬たちへのおもてなしの心です。
愛犬を連れて、安心してのどかな散歩コースを楽しんでいただけます。
ドッグラン
ドッグランのそばには「消毒しなくても自然に実をつける果樹」を選んで沢山植えました。
梅の木、なつめの木、山椒、を植えています。
今はまだ幼木ですが何年かしたら成熟した木に育ち、実が成り出す事でしょう。
ポポーの木も植えています。去年から実をつけ始めた「ゆすら梅」が今年も沢山実をつけるはずです。
真っ赤な実は、小粒ですがどちらかというと、さくらんぼに似た甘いおいしい実でした。
ドッグラン
ラズベリーも植えています。
植えてから5年もたつのに、まだ実をつけているところを見たことがありません。
ドッグランの周りには春は山菜取りが出来るように。とても楽しみにして、いろいろ植えました。
行者にんにく、よもぎ、ふき、あずきな、山うど、わらび、クグミなどです。
都会から来たお客様に、奥山に行かなくても「山菜がり」が出来るようにと思いをはせて おもてなしの「春の収穫体験」の計画しました。
活着しだい、収穫体験していただけますが、楽しみにお待ちください。
まだ株が増えていませんので、収穫までには、2〜3年はかかるかもしれません。
もぎとり農園
夏には「みょうがの子」探しが出来るように一列植えを何列もしています。
手作りのドッグランのほうには、山椒や蕨などを植えて居ます。
栗はひとりでにうすい黄土色の花をいっぱいつけ、沢山の実をつけては毎年落ちて居ます。
栗拾いの喜びを知っている、弁天荘のリピーター客のお客様は、毎年楽しみにして拾って帰られます。
散歩コースの途中には山くるみやアケビのつるなどがあります。
自然を眺めて愛犬とお散歩中。無農薬農園のトマトの熟した実を、自由にちぎって食べてる。
そんな昔懐かしい里山を感じていただける宿にしたい。そんな素朴なおもてなしがわたしの夢です。
田舎をお持ちにならないお客様にいつも気軽に行ける田舎を作る。
手の届かない大自然ではなく、手の届く小自然に触れてもらうのが、弁天荘を通じての私の夢です。
準備に、長年の人件費も手間も費用も掛ける。そうやって「おもてなし計画」を序所に実行に移し 定着させていくのが、私の夢です。

【おもてなし計画そのニ、】農園作業を体験していただく、グリーンツーリズムのおもてなし田舎ののどかさや、澄みきった空気のおいしさ時間がゆっくり流れていく「田舎暮らし体験」をサポートするおもてなし

もぎとり農園
お客様の笑顔が浮かんできて今度はこんな野菜の種を蒔こう。
それがもぎ取り農園の「収穫体験」や「グリーンツーリズム作付けオーナー制度」
おもてなし計画の始まりなのです。
春になると弁天荘の農園を管理する近所のおじちゃんたちがやってきてくれて、みんなで畝を作ったり、苗つくりから畑に移植管理まで楽しい農園作業が始まります。
家庭菜園や田舎暮らしに興味のある方は、一緒にわいわい参加してみませんか。
それも飛騨高山「旅館弁天荘」ならではの、おもてなしのひとつです。
もぎとり農園
もぎ取り野菜農園のきゅうりやナスやしし唐などいろんな野菜に囲まれて。
かぼちゃ畑も、トウモロコシ畑も、ジャガイモ畑も、梅林園も、なつめの木も成長を眺めていると、時の経つのを忘れるほど、待ち遠しく楽しい。
芽が出て苗が大きく育ち、実をつけるときの喜び。子育てにも通じるいとおしさがあります。
その楽しみを一緒に共有する事が、弁天荘のお客様への、おもてなしの道です。
個人型グリーンツーリズム作付け参加の方は「農園作物の共同オーナー」になれる制度も作っております。
年齢をを問わず、将来農業に転進したい人の体験プランにもご利用いただけますが、
本来は夏休みや秋などの高山旅行の際、親戚や孫たちを連れて収穫に。
そんな楽しい日を夢見て、作付けすることから始まる「共同オーナー制度」です。
元気な若いおじいちゃんや、おばあちゃんの「家族の絆作り」のサポート制度です。

【おもてなし計画その三、】ペットホテル「ジョンの家のお預かり」愛犬や愛猫に対してのおもてなし

ジョンの家
ジョンの家は正式に高山保健所に届出をしてある施設です。
許可番号(飛保第900号-100024)弁天荘直営のペットホテルです。
旅館にお泊りのお客様の犬。猫。などのペットを、ショッピングや食事タイムをかねた昼間の時間帯のにお預かりする施設です。
オーナー様になりかわりまして、お預かりしている間のお世話をさせていただきます。
また弁天荘を拠点に、隣接の県境を越えて周遊観光なさいますお客様にとっても「犬だけ猫だけ」連泊宿泊にも、対応できます施設となっております。
2代目ジョン
愛犬や愛猫を愛情を持ってお世話させていただける施設でございます。
お客様の大切な家族の一員といえども、犬連れでは入れない観光地や施設がございます。
そういったご旅行先のサポートさせてさせていただく事も、旅館弁天荘のおもてなしのひとつです。
ドッグラン
ジョンの家のドッグランが旅館すぐ裏にあります。
ドッグラン内は仲良くマナーを守って、それぞれにご使用ください。
夜以外はいつでもご自由にご使用ください。
お散歩コース
愛犬と一緒に一廻りしていただけるお散歩コースがあります。
旅館の裏は比較的、車のとおりが少ない農道ですから、引き綱の管理で愛い犬と一緒にウォーキングができます。
「家族とみんなで歩く」という、普段の生活にはない特別な時間を過ごしてみませんか。
オリエンテーリング形式になっています。(雨の日や積雪が多いシーズンは対応しておりません)
ポイントを廻って札を集めてください。
お夕食時に飲み物が当たる、三角くじを一回引いてもらえます。
お出かけの前の手作りの地図や、お戻りになってからポイント札との交換。
三角くじを引くことなどは、フロントで対応しています。
くじ籠の中にはジュース類から、アルコール類までのお宝が入っております。
ご家族様のお子様がお喜びいただけますように。お飲み物が当たるおもてなしをしております。
料理
手作りの料理にこだわるおもてなし。
女将はできる限りお客様のお夕食は手作りにこだわり、調理室にたち続けて降ります。
昔のように着物を着てお客様のお部屋へご挨拶に出向くこともなく、表には立ちませんが
「どうやったらお客様をおもてなしできるのか」と昼も夜も考え続けています。
人任せにしないこと。
いつもお客様が口に入れられる食材にこだわって仕入れにも目を通しています。
特にお夕食は既製品ではない、手作りの料理をお出しできるように努力しております。

【おもてなし計画その四、】古民家「アンテークショップ着物体験館」のおもてなし

古民家
高山市は、京都に次ぐ外国人旅行客の多い観光地です。
このたび弁天荘も高山の観光発展に伴う受け入れ姿勢の、拡大化を図ることにいたしました。
(旅館敷地内にある母屋)古民家を開放して、
「アンテークショップ着物体験館」を新しく始める事といたしました。
そこに外国のお客様も受け入れることにいたしました。体験間は弁天荘の売店として開業いたします。
【1】主な内容は、着物レンタルによる着物の軽装着付け」という憧れの日本文化の疑似体験です。
【2】古民家でのスナップ写真「シャメ、デジカメとり放題」という旅行の思い出の提供です。
【3】気に入った着物や、器・道具などがあればお土産にお売りすることもできる。
そんなおもてなしの有料サービスです。
古民家 囲炉裏
今まで通り旅館弁天荘は、ペットの泊まれる宿です。
少しずつ家族構成が変わり環境は、高齢化の時代に入っています。
ペットオーナー様がご年配手の年齢を迎えられたために、メモリアルペットの時代も迎えています。
ペットが居なくても、「ペットの泊まれる宿を承知」でお泊まりくださる方には、
ご利用いただくことの方向転換をいたしました。
古民家 タンス
弁天荘のスタンスをご理解いただくことを条件に、
ご希望いただく一部の部屋を外国のお客様にも受け入れする事にしました。
ただし今までどおり、団体客はお受けいたしません。
「ペットに優しい宿」の姿勢は、変わらず続けていきます。
今までどおり、あくまでも、ご家族さまやグループさまの受け入れが中心となります。
古民家 仏壇
旅館弁天荘にお泊りのお客様には、おもてなしサービスとして、お泊りの夜。
8時よりショータイムの感覚で、旅館側からスタッフが古民家へご案内いたします。
古民家のご説明サービスいたします(日本語のみのご説明となります)
外国からおいでくださるお泊りのお客様は、日本語が理解通訳のできる方を同行してください。
古民家の営業時間は朝10時から15時までの時間帯の営業時間となります。
着付けの体験は予約制ですのでお願いいたします。
古民家 着物
玄関はお客さまごとに、そのつど玄関を開けての「お出迎えやお見送りのおもてなし」をいたします。
山里の古民家の歴史と素朴な山里の文化を体験してください。
昔懐かしい昭和の時代の着物を展示いたしております。(一部非売品もあります)
季節ごとの、憧れの日本の着物体験をしていただけます。
着付けはサポートスタッフが、軽装着付けのお手伝いをさせていただきます。
古民家 着物
昼間の営業時間中に古民家をご利用なさいますお客様には、
「古民家」での日本茶のおもてなしサービスをいたします。
基本的に私的居住区域もかねておりますので、管理上「古民家」の玄関は、
ペットホテル「ジョンの家」と同様。
施錠しておりますのご理解ください。
外国からのお客様には「古民家」にお入りいただくマナーなどをご説明しながら受付はインターホンによる対応をします。
古民家 豪華な色打掛
日本女性の婚礼衣装。幸せを見続けてきた、色内掛けなどの展示もございます。
豪華な刺繍や織り模様の美しさは息を呑むほどの鮮やかさがございます。
7月〜9月までのコットンや一重物の着物の季節は終わります。
10月秋から5月までは、あわせ着物の着付けに入ります。
この豪華な花嫁衣裳色地掛けもレンタルで着付け体験の中で着ることができます。
「古民家と四季折々の着物の展示を見るだけでも、旅の思い出写真スポットになることでしょう。
入館料は大人800円 小中学生400円のツアー対応の見学コースも設定しました。