2004年梅雨アジサイの季節からお便り

 皆様お元気でいらっしゃいましたか。この梅雨が明ければもう初夏ですね。おかげさまで「ジョンの家」の業務も順調に進み平和な日々が過ぎ去っています。旅館のほうのお客様は、「ペットと片時も離れたくない方のための宿」というキャッチフレーズが浸透してきました。ペットちゃんと飼い主様が安心して、ゆったりとお泊りいただけています。弁天荘はどこを向いても動物だらけです。
 まれに一組だけの、かし切りのような日もありますが。おかげさまで私の理想の旅館が確立されつつあることは本当に皆様のご支援のおかげ様。有難うございます。本当に心より感謝いたしております。

 犬も猫も可愛いものですよ。たとえ人間関係につかれてしまっても、一日の仕事を終えてどんなにつかれていても、愛らしいあどけない動物を見ているだけで心が安らいでいきます。この弁天荘の一角だけは、とてものどかな時間の流れが漂っているようです。

 ところでいつもごひいきにしていただいています、おなじみ様にご報告があります。私の夢を手伝ってくれるプロのトリマーとトレーナーが見つかりましたので夢第2弾として今年の6月27日から「愛犬のためのトレーニング教室」を開校することになりました。弁天荘にお泊りになっている間やご旅行中の観光地へお出かけになっている間に大切なワンちゃんにちょっとおしゃれなトリミングをして上げられたら。お客様はリボンも新しくして、お洒落さんになった愛犬を誇らしげに連れて帰れる。アメリカなどでは今大流行の傾向だそうですので、時間の有効活用ですから。早速弁天荘の「ジョンの家」でもトリミング室の対応を考えることに致しました。プロのトリマーが丁寧な仕事させていただきます。トリミングも「ジョンの家」の中のスペースでお受けできます。

 好評でしたら、施設を増設してセルフウオッシャーのコーナーも作りたいと思っています。犬のリラクゼーション。飼い主様との触れ合い。そんなテーマの中でひとつの方法として、ご滞在のお時間の中でのんびり愛犬のお手入れはいかがでしょう。自分で洗ってやれる設備と機具がすべて整っていればとても便利。そんなペットと飼い主様のおしゃれサロンの部屋がジョンの家の中に作りたいのです。きっと楽しいですよ。早くもスペースは確保していますので、後は資金の獲得だけ。後の部分がちょっと頭痛いけど、そのうち近い将来きっと形になるでしょう。頑張って一生懸命夢を追いかけていればお金は後から付いてくるなんて思っています。相変わらず私は夢に向かってせっせ、せっせと歩いています。

 弁天荘ジョンの家のトレーニング教室とトリマーの部分を担当していただくことになりましたプロのJKCトレーナー兼IPCトリマーの寺岡先生のプロフィルをご紹介しておきましょう。

 高山市生まれの生粋の飛騨人。都会的なセンスがある優しくて誠実な青年。29歳独身。おまけにお父様は獣医さんで動物病院を経営していらっしゃる。寺岡先生はそこの御曹司。幼くして数多くの動物に身近に触れられる、そんな環境の中に育つ。寺岡先生は親元を離れ、名古屋でその道の勉学に励み資格を習得。キャリアも積んで今現在に至るというわけです。だからジョンの家では「美容室としてワンちゃん、猫ちゃんのトリミング」もお受けできるのです。どうぞご予約のとき、ご希望でしたらトリミングもさせていただきますので、その旨お伝えくださいね。ぜひおまちいたしておりますよ。
 ペットの泊まれる旅館が、「ペットのトリミング室」と「愛犬トレーナー教室」を持っているのは理想だと考えています。だから私としては頑張って、そういうシステム作っちゃいます。どうぞ今後ともご支援くださいますようお願い申し上げます。

  「今年の梅雨は空梅雨かもしれないね。」そう思うくらい良いお天気が続いています。気の早いせみが鳴き始めました。夏はもうすぐそこ。緑の大きな朴の木の葉にお味噌を乗せて食べると香ばしくてとても美味しい。これが飛騨名物朴葉味噌焼きです。香りをお届けできないのが残念。夏休みのご予約が着々と埋まってきています。お急ぎください。

 今年も相変わらず趣味のたけのこ取りもわらび取りもしました。山菜は沢山確保したから一安心です。飛騨牛と防腐剤の入っていない山菜と、新鮮な川魚。お客様のお連れになるさまざまなペットちゃんで、この館が埋め尽くされていく喜び。旅館裏のオリエンテーリング散歩道は、三々五々とペット連れの人々がのんびり、ゆったり時間を過ごしている。朝もやの中を散歩するお客様のすがすがしいお顔。犬も満足げ。今どこかに忘れてしまった田舎の良さそしてのどかさの残る一角。私の理想とする「こだわりの旅館のポリシーを貫き通しながら」安定経営を続けていく。これは私の力ではない。すべてお客様の「弁天荘を大切に守ってくださるお力の賜物。」ありがたいことだと思っています。

 来年は丹生川という村は、統合により、なくなって高山市丹生川町になります。時代の波がここまで押し寄せてきて、何もかも少しずつ変化して、懐かしい飛騨もどんどん整備されていきますが、人間が踏み入らなかった手付かずの自然地区を保持している部分もありまして、中でも丹生川村「乗鞍岳のふもと五色ヶ原」はすばらしい自然景観です。今私たちのむらの観光協会がとても力を入れている場所です。トレッキングが好きな人には最適。コースは2から3時間くらいかかり世界遺産の屋久島のようにトレッキングガイドがご案内する形となっています。

■詳しくは丹生川役場の観光課 TEL0577-78-1111 へお聞きください。

ただし、ペットは入れないので「ジョンの家」に預けていただくことをお勧めいたします。

 いつもより少しだけお便り短く書いてみました。16年6月アジサイの季節から旅館弁天荘女将のつたないお便りでした。では、お目にかかれる日まで。どちら様もごきげんよう。

                         敬具    平成16年6月3日
ペットと泊まれる安らぎの宿 旅館 弁天荘 女将 森 和歌子